不良債権処理

不良債権処理

 

任意売却とは、債務者(借主/貴方)と各金融機関(債権者)との双方合意のもと、競売入札が開始される前に

債務を整理して、競売(けいばい)の対象となる不動産を任意に売却することです。

 

 

任意売却の概要

 

債務者(借主/貴方)が何らかの理由によって住宅ローン・借入金等の支払いが困難になった場合、そのまま

滞納を続けますと債権者(金融機関など)が抵当権に従って担保不動産を差押えて不動産競売の申し立てを

行うのが通常ですが、競売手続きが行われる前に債務者(借主/貴方)と債務者(金融機関など)の間に不動産会社

などの仲介者が入り、不動産所有権と各債権者の合意のもと出来る限り双方が納得する価格を設定して不動産を

市場で売却することができます。

このような不動産売却の方法を任意売却といいます。

 

競売よりもこの任意売却のほうが有利な条件で不動産を売却できる可能性があるため、債務者は残債の整理

縮小(場合によっては残債の償却)や債務の再構築を行ない易く、また債権者も競売より任意売却のほうが

より多くの債務の回収ができる可能性があるという利点があります。

 

任意売却することにより市場価値に近い価格で売却できます。

さらに競売にはない下記のようなメリットが生まれる可能性があります。

 

▲メリット1

通常、売却時に必要な下記の費用は、売却価格に中から経費として認めていただくよう当社が交渉させていただきますので、

お客様のご負担を極力軽減することが可能となります。

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

▲メリット2

市場価格に近い値段で売却fが出来る為に、競売より借入金を多く返済できる可能性がある。

 

▲メリット3

一般の売却と同じ販売活動を行うので近隣に事情を知られない。

周りに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる。

 

▲メリット4

交渉により、引越し費用、その他の費用を経費として債権者に認めていただける可能性があります。

 

 

任意売却の流れ

 

1.債権者から、督促の電話や郵便が届く

住宅ローンを滞納している場合、金融機関は6回(半年)の返済ストップ後は保証会社に債権が移ります

 

2.当社へ相談

まずお客様への返済状況・その他債務の状況を確認いたします。

ご依頼主様の状況やご希望にあわせて売却以外の方法も含めた選択肢を提案いたします。

物件の販売価格の調査を行います。

もちろん相談・調査など無料です。

 

3.当社へ任意売却の依頼

物件売却に必要な書類を記入して戴き、ご依頼主様と当社で専属専任契約の締結します。

お客様は任意売却手数料等の負担はございません。

 

4.当社が債権者に販売活動する旨を伝えます。

専属専任契約のコピーを債権者に送付します。

 

5.お客様と当社の担当者が同行して金融機関に出向きます

ほとんどの金融機関(債権者)に任意売却の意思表示を行います。

金融機関には当社の担当者も同行いたしますのでご安心下さい。

 

6.当社で業者間物件情報システムなどに登録を行い販売をします

販売活動の開始を素早くする為に、当社で業者間情報システム『レインズ』などへの積極的に登録を

行い販売をします。

また、状況によりまして「新聞折込チラシ」、「住宅情報誌掲載」、「インターネット」、「オープンハウス」な

ど、最適な販売手段を選択し、積極的に行います。

 

7.購入希望者と交渉する

当社が買主様の条件等お打合せの上、買付証明書を受理します。

 

8.当社が債権者(保証会社)と交渉し、売買価格及び諸経費等、詳細打ち合わせ

 

9.売買契約の締結

 

10.抵当権者との合意、抵当権の解除、差押えの取り下げ

 

11.所有権移転及び物件の引き渡し

 

12.債権者との残債の返済について打ち合わせ

 

13.新しい生活への旅立ち